今年の「大曲の花火」大会提供テーマは   

今年で83回、第一回から数えて99年目を迎える全国花火競技大会「大曲の花火」。
その中でも多くの人が楽しみにしている大会提供花火のテーマが決まりました。

今年は「武士道 新世紀維新」だそうです。
7分10秒間に2,800発の花火が上がるそうですが、平均して1秒間に約6.5発上がる計算。
これだけで、いかに密度の濃い7分10秒か想像できます。

b0178806_10405981.jpg
       (第82回「未来惑星 栄光への輝き」より)


ちなみに以前のテーマは、次のとおり。

第82回 未来惑星 栄光への輝き
第81回 BEAT OF PASSION
第80回 日本の花火  
第79回 HAREM 砂漠の宮殿
第78回 輝彩繚乱

こうして見ると、今までは花火らしい「輝き」や「情熱」といったものがテーマでしたが、今年は一転して観客の心に問いかける内容のようにも感じられます。
今年行われたワールドベースボールクラシックのサムライジャパンのように、金メダル級の花火が期待できますね。


スタッフNでした。
[PR]

by daisen100 | 2009-07-17 11:20 | イベント・行事

<< ひるまえこまち! 復活!! 大曲の“カレー旨麺” >>