マスコットキャラクターの募集   


◆大仙市 水道事業のマスコットキャラクターのデザインと愛称を募集しています。◆

上記のリンクのとおり、大仙市で水道事業のマスコットキャラクターの募集をしています。

マスコットキャラクターというと、彦根城築城400年祭のイメージキャラクター「ひこにゃん」、TVチャンピオンでゆるキャラ日本一に輝いた「スギッチ」、物議を醸したものの、その後人気キャラになった「せんとくん」などが有名でしょうか。

b0178806_10122337.jpg


大仙市には「つつどん・たまちゃん」、旧田沢湖町には「たっこちゃん」、鹿角市には「たんぽ小町ちゃん」等もおりますね。

b0178806_1012362.jpg


最近は「ゆるキャラ」等に代表されるキャラものがブームとなり、マスコットキャラクターは貴重な観光資源になる時代となってきたのではないかと思います。

もっとも有名な「ひこにゃん」の経済効果は170億円とも言われており、これは秋田県内でも有数のイベントである角館のさくら祭り(4/18~5/5)の71億9685万円(仙北市分 秋田県全体では118億円)と比べれば、どれほどのものか想像できるのではないでしょうか。

と、ここまでゆるキャラの効果を延々と書き連ねましたが、世の中うまくしたもので、狙って作られたキャラクターというのは、たいていが期待するほどの効果を得られていないのも事実。

やはり観光や地域振興というのは、こつこつと地域が一丸となって努力しつづけなければ日が当たらないものですね。


スタッフNでした。
[PR]

by daisen100 | 2009-09-29 10:13 | その他

<< 第22回 全国ジャンボうさぎフ... 紅葉 >>