食品産業パワーアップ交流会が開催されました   

昨日、横手セントラルホテルにて食品産業パワーアップ交流会が開催されました。

これは「地域資源を活用した食品の開発・高品質化を通じて、秋田・岩手の県南地域の食品産業の振興を図るため、原料供給・開発・製造に関わる関係者が情報交換を行い、継続的な取組のきっかけになるよう」開催したものです。

ひらたく言うと食品産業関係者の交流会ですね。

b0178806_103393.jpg
         (講師 株式会社グローバルフーズ代表取締役 千葉賢弥氏)

b0178806_1012199.jpg
         (事例発表 株式会社あお葉フーズ 代表取締役 菅 善巳氏)

講演には「地域発!稼げる食の創造」と題して、株式会社グローバルフーズ代表取締役の千葉賢弥さんが熱弁を振るいました。

千葉さんは仙北市田沢湖出身で、現在は首都圏の飲食店に地方食材の提供を行ったり飲食店経営をしており、生産者と直接対話し、飲食業者が求める食材探しを行うといった、間をとりもつ仕事をしております。

また、株式会社あお葉フーズ代表取締役である菅 善巳さんは、「促成ホワイトアスパラガス”綺羅(きら)”の規格外品等を使用した新商品開発とブランド強化」として、事例発表してくださいました。

b0178806_101274.jpg

会場には秋田・岩手の食品関連業者が多数集まりましたが、特にこの乾燥野菜は首都圏の飲食店でニーズが高いと好評でした。

b0178806_1031670.jpg
            (参加者と意見交換・アドバイスをする千葉さん)

参加された皆さんにとって、外からの視線でアドバイスが得られたことは、大きなプラスになったのではないでしょうか。

スタッフNでした。
[PR]

by daisen100 | 2009-11-27 10:23 | イベント・行事

<< 楢岡焼が届きました 観光サービス研修会開催 >>