長野駅図書コーナー   

大仙市長野駅の待合室って入ったことありますか?

もちろん、通勤通学で利用されている地元の皆さんはご存知でしょう。

でも、ゆっくりと利用する。という方って少ないのではないでしょうか?

新しい駅の待合室は、大きな窓があり開放感いっぱいのスペースです。
b0178806_1354109.jpg


そして、そこにはたくさんの本が置かれています。

地元の九島弘子さん(さきがけ新聞の投書欄でも有名な方です)を代表とする

子育てボランティア「ぽこ・あ・ぽこ」寄贈の図書コーナーです。

b0178806_13522290.jpg

b0178806_1352438.jpg


b0178806_135319.jpg


この張り紙がされているだけで、本の管理は100%利用者の良心に委ねられています。
b0178806_13532234.jpg


「使用頻度はひんぱんですが、皆さん借りたらきちんと返してくれているようです。

貴重な作家の本が足されていることもあります。」と、九島代表は言われました。

大変、嬉しいことだな。と感じました。

一度、本を読むために長野駅で下車されませんか?

お腹が空いたら「ちゃんす長野屋」さんがすぐ側にありますから(笑)



☆  「ぽこ・あ・ぽこ」とは、音楽用語で「ゆっくり」という意味

         ~子育てもゆっくりゆっくりやりましょう~という思いからつけられたそうです☆


             (マキア)

[PR]

by daisen100 | 2009-12-09 13:54 | その他

<< ドンパルCDコーナー 「ZEN」クリスマス・ライブ >>