文化財防火デーがあります。   

 昭和24年1月26日は、奈良県法隆寺金堂の壁画が焼損した日です。これをきっかけに消防庁と文化庁では、毎年1月26日を「文化財防火デー」と定め、この日を中心として文化財を火災・震災その他の災害から守るための文化財防火運動を全国的に展開しています。今年も第56回 文化財防火デーとして全国で実施されます。
 大仙市では、今月、大曲地域の古四王神社と協和地域の唐松神社の2ヶ所で地元住民を交え防火訓練を行い、文化財保護と防火を呼びかけます。
 次の日程で実施されますので、この機会に是非ご覧ください。


~第18回協和地域文化財防火デー~
平成22年1月23日(土)
 時   間 : 午前10時~
 場   所 : 唐松神社境内
 問い合わせ : 教育委員会 協和分室 018-892-3820
 催 し 物 : 体験学習として、見学する住民と子供たちへ文化財保護の意識高揚を図るため「軽可搬式ポンプや消火器による消化訓練」、「もちつき体験」を実施します。

~第56回古四王神社文化財防火デー~
平成22年1月24日(日)
 時   間 : 午前10時30分~
 場   所 : 古四王神社境内
 問い合わせ : 教育委員会 文化財保護課 0187-63-8972
 催 し 物 : 氏子・地域住民による防火訓練、また東大曲小学校の雪祭りも同日に実施、雪中田植えなど行います。地域活性化のため「火消しもちまつり」も行い、国指定重要文化財である古四王神社の保護・防災意識の高揚を図ります。


大仙市教育委員会文化財保護課からのお知らせでした。

上:古四王神社防火デー   中:唐松神社防火デー  下:唐松神社防火デーのバケツリレー

b0178806_145811100.jpg
b0178806_14584717.jpg
b0178806_14585949.jpg

[PR]

by daisen100 | 2010-01-21 15:00 | イベント・行事

<< 大曲の花火100周年の垂れ幕 大仙地域滞在型観光メニュー造成検討会 >>