あきた“食彩まるごと”商談会レポート   

先月1月26日、六本木ヒルズで行われた
あきた“食彩まるごと”商談会に参加してきました。
b0178806_16211186.jpg

前日に東京入り。現場となる六本木ヒルズ森タワー。
光るビルに浮かぶ月。

当日は全国的に雨の予報の中、関東地方だけ晴れ。

そんな冬晴れの中「あきた“食彩まるごと”商談会」スタートです!

b0178806_1626053.jpg

秋田の名所や名物が勢ぞろい。たくさんの来場者で賑わいました。

私たちは観光ブース。
b0178806_1627847.jpg

ドンパン中仙の半てんを着て大仙地域をアピールしました。

b0178806_16283563.jpg

実際に商談になる場面もありました。

ところで、何を観光の商談へ持ち込んだかというと・・・

b0178806_16301726.jpg

当社で栽培管理している『いちご』です。

でも、ただ『いちご』ではないです。
b0178806_16312713.jpg

観光農園、露地栽培の『いちごがり』ですね。

b0178806_16324317.jpg

b0178806_1633347.jpg

毎年たくさんの方が訪れてくださいます。

当社は大仙市で主に枝豆、大豆、その他野菜を栽培をしている農業生産法人です。
栽培の軸として使用しているのが『米糠発酵肥料』という有機質肥料の認証を得ている
肥料で、作物の甘みを十分に引き出す効果を持っています。

合わせて無化学肥料栽培なので『環境と人』に優しい栽培ですね。

もちろんこの苺にもこの栽培方法を導入しています。

さて、このいちごがり。
天候次第で前後はありますが時期的には6月の中旬~7月初旬までの開催です。

中学生以上の大人は¥1000
小学生は¥500
3歳以上の幼児は¥300

30分食べ放題です。

シーズン中は無休で営業時間は9:00~17:00です。
(最終受け付け16:30)

~ちょっと一手間~
b0178806_16472289.jpg

通路にはビニールをしいて靴が汚れないようになっています。
(※観光農園のため土にまみれれることができませんのでご了承ください)

b0178806_1649031.jpg

布状の資材を敷いて苺を汚れたり傷まないようにしています。
木陰に休み場もあり、水道も設けてありますので気になる方は洗えます。

~ちょっとコマーシャル~
今回は観光としてでしたが、当社で栽培している大豆を原料として
お取り引きしているところが六本木に数件あります。

b0178806_1652543.jpg

西麻布のお店では『ドンパン豆乳アイス』として。

b0178806_16541187.jpg

こちらは「凹カステラ」というカステラの原料にドンパン茶豆豆乳を使用しています。

ドンパン茶豆とは、当社がある中仙地域で栽培した茶大豆で商標登録しています。

と、そんなこんなで、実際に使用して加工された姿を見ることが出来て
農家として、うれしく思いました。


~まとめ~
六本木で行われた商談会で、観光について自分なりに考えてみました。
観光って、その土地の歴史なんだな、と。文化なんだな、と。
もちろん郷土のおいしいお料理や、人柄も。
大切な歴史であり文化なのだと感じました。
私たちが営む「農業」も同じなんだな、と。

観光といっても、観光農園のPR。

多くの方に出来るだけ自然な状態で自分の好きな、
自分で選んで、採って、そして食べるということを体験してもらいたいです。

何よりも、
大仙には見どころや、歴史や文化、おいしいお料理や食材が沢山あります!

ぜひとも秋田県にお越しの際は大仙地域に触れていってほしいです!!

今回はそんな沢山の魅力ある大仙のほんの一部のご紹介でした。


大仙市豊川
農業生産法人 有限会社エスエスフーズ
リポーター山手
[PR]

by daisen100 | 2010-02-01 17:20 | イベント・行事

<< 川を渡るぼんでんが展示されています Tomosu cafe >>