JR大曲駅ジオラマ・写真展   

ご存知の方、すでにご覧になられた方もいらっしゃるかと思いますが
JR大曲駅構内の2階、東西自由通路(通称ハミングロード)ショーウィンドウに

『大曲駅開業105周年記念‘ジオラマ・写真’展』 が
展示されています。

JR大曲駅は明治37年12月21日に開業され、平成9年に現在の建物へと変わりました。

105年もの間、この駅を何万人・何百万人・何千万人・・・何億人?!のお客さまが様々な想いでご利用されているかと思うと、本当に長い長い歴史を感じます。


b0178806_1245369.jpg

階段を上るとハミングロードが見えてきます。
展示はこの写真右側のショーウィンドウで展示されています。



まずは昭和43年11月に撮影された電車&蒸気機関車の写真(キハ82とC57)
小さい頃は「汽車、汽車」と呼んでいましたね~。
b0178806_126486.jpg



『秋の田沢湖線』をイメージしたという作品。
よく見てみると、渓流釣りをしている人と車が見えますね!
b0178806_12123841.jpg



こんな大掛かりで細かな作品まであります
b0178806_12103396.jpg



桜と秋田新幹線こまち
b0178806_12141421.jpg




近くに寄ってみると・・・・・・・・?



なんとパトカーが踏み切り待ちを!!
なんて手の込んだ可愛らしい作品なんでしょう・・・
b0178806_1215834.jpg




こちらはJR大曲駅構内(2階)にていつでも作品を鑑賞する事ができます。
※今回ご紹介した作品はほんの一部です。
2月28日までの展示となっておりますので、
興味のある方はお早めに足を運んでくださいね。



*大仙市観光情報センター スタッフ@でした*
[PR]

by daisen100 | 2010-02-06 12:47 | イベント・行事

<< だいせん観光ガイドマップ 花火玉チョコ >>