刈和野の大綱引き   

      ~凍てつく夜にほとばしる若衆の熱気~

 いよいよ明日は刈和野の大綱引きの日、ということで、町内の様子を見てきました。
 町内は、嵐の前の静けさなのか、ちょっと静まりかえっておりましたが、そこに、巨大な大綱が!!
b0178806_13214296.jpg

 なんとすごい迫力でしょうか! 本当に大蛇がとぐろを巻いているようでした。

b0178806_14112529.jpg

 
 この大綱は、綱引き当日の一週間前から、「ドップ」と呼ばれる両町の境界付近飾られており、大蛇がとぐろを巻いたように七巻きに積み上げ、雄綱は向かって右側に、雌綱は左側に飾るならわしになっているそうです。
b0178806_13281289.jpg


 明日の綱引きでは、雄綱は二日町の若衆によって二日町の方へ、雌綱は五日町の若衆によって五日町の方へ伸ばし、尻綱・小綱が結びつけられ、午後7時頃から大綱を結び合わせるため、「綱出し合い・押し合い」が行われ、午後9時から「引き合い」が行われるそうです。

 掛け声の「ジョーヤサノー」が町内全体にこだまし、二つの大綱の響きが一つになります。

 迫力満点、約6,000人が参加する綱引きを是非、体験してみて下さい。
 
b0178806_1354663.jpg


 ○問い合わせ先
   大仙市西仙北総合支所 地域振興課
   TEL 0187-75-2961 

 ゆーじんでした001.gif
 
 
[PR]

by daisen100 | 2010-02-09 14:07 | イベント・行事

<< 「星宮遺跡」企画展 開催中! だいせん観光ガイドマップ >>