お心のこもった贈り物   

大曲の花火開催日の8月28日の週間天気予報が曇りになったり、
曇りのち雨になったりと不安定でしたが、【曇り40%】に落ちついたような気がします。
一週間を切ると決まって市民は天気の話を毎日のようにします。

「昨日の天気予報**で、降水確率**%だっけな~。晴れるべが~」
「晴れでも川風あって夜はさんびがらな~」と言った言葉をよく耳にします。
みなさんリアルタイムに天気情報をキャッチしていますよ。
今週土曜日に大曲へ来られる全国のみなさんも同じような気持ちなのではないでしょうか。

100年の節目にはお天気も祝福してくれるといいなぁ~と思っていると、
我が家にひとつの荷物が届きました。
(ここから私事ですが喜ばしいことだったのでこちらでもご紹介させていただきます)
中を開けてみると、たくさんの「てるてる坊主」と板にキチンと挟まれた「御札」が!

以前家族と三重県伊勢市を何度か訪れた時に大変お世話になり、今も親交が深い方が今年初めて大曲の花火をご覧になるということで大曲へお越しになるのですが、
「大曲の花火大会に向けて、天候が穏やかで、当日もお天気に恵まれるように、
 そして無事安全に花火師さんたちの作品が素晴らしく放揚できるようにお祈りいたしました」
とのことで伊勢神宮外宮さんの御札と、地元の幼稚園の園児が大曲の花火のために作ってくれたという「てるてる坊主」を贈ってくださいました!

◆伊勢神宮外宮さんの御札
左から
【豊受大神宮(とようけだいじんぐう)】伊勢神宮外宮さんのこと。
豊受大御神の和御霊(にぎみたま)をおまつりしていることから、これまでの花火大会の無事開催への感謝と、大曲の花火大会が無事、安全に開催されることをお祈りしてくださったそうです。
【多賀宮(たかのみや)】豊受大御神の荒御霊(あらみたま)をおまつりしており、外宮さんで唯一お願い事をしても良い神様。
【土宮(つちのみや)】伊勢市に流れる宮川の堤防を守る役目の神様。
水害から川を守ることから、雄物川と大会会場の無事と安全に花火大会が開催されることをお祈りしてくださったそうです。
【風宮(かぜのみや)】元寇の来襲を風神で追い払ったという神様。
b0178806_23303724.jpg

三重県伊勢市は【伊勢神宮奉納全国花火大会】が有名です。
今年は7月17日に花火大会と花火サミットが同時開催されました。

◆園児たちが作ったてるてる坊主
以前ご紹介したJR大曲駅構内に飾られているてるてる坊主ツリーに仲間入りさせていただきたいと思います☆
b0178806_22361764.jpg


大曲の花火の為にお伊勢さんにお祈りされた素晴らしいご好意に感謝、感激でいっぱいになりました。
嬉しさのあまり、このような気持ちで大曲の花火大会の成功を願っていただいている方が居られると言う事を、このDaisen百彩 花火100歳ブログをご覧の方々にもご報告したくて長文でしたが書かせていただきました。
私自身、全国から花火大会のためにお越しいただく全国の皆々様に、心からおもてなしの心を持ってお迎えしたいと思いました!そしてみんなの想いが空に届きますように・・・・☆


@でした
[PR]

by daisen100 | 2010-08-24 09:00 | その他

<< 早くも行列が 旧池田氏庭園夏季特別公開 >>