法隆寺金堂壁画模写・遮光器土偶 特別展覧会、展示会   

大仙市太田地域出身の仏画家・鈴木空如が残した法隆寺金堂壁画の原寸大模写の展覧会を11月11日(金)~13日(太田文化プラザで開催します。
b0178806_16192565.jpg
                                  【写真提供:大仙市】

金堂壁画模写は今年度から4年計画で修復事業に着手し、今回は特別に、一部修復完了した壁画を展覧します。
模写の大部分については平成の大修理前の最後の展覧機会となりますので、ぜひご鑑賞ください☆


また、星宮遺跡(大仙市仙北地域横堀)から出土した遮光器土偶が、参考資料として
今年3月22日付で県の有形文化財(考古資料)に指定されました。
b0178806_16195546.jpg
                                   【写真提供:大仙市】   
   
指定を記念し、遮光器土偶のほか星宮遺跡出土品の特別展示会を開催します。
同日同会場で開催される、法隆寺金堂壁画模写と合わせて、縄文の美をご鑑賞ください☆

◆開催日時   11月11日(金)~13日(日) 9:00~16:00
◆開催場所   大仙市役所太田支所太田文化プラザ(大仙市太田町太田字新田田尻3-4)
          ※ 入場無料

  ●お問合せ●
  大仙市教育委員会文化財保護課
  TEL 0187-63-8972





  ゆうりなでした♪
[PR]

by daisen100 | 2011-11-11 11:11 | イベント・行事

<< 北野水産でおそば 川口渓谷遊歩道完成記念ウォーキング >>