遠野物語をめぐりて展   

8月4日から角館町の新潮社記念文学館にて「遠野物語をめぐりて展」が開催されております。
b0178806_13421289.jpg
b0178806_13422269.jpg


遠野物語は柳田国男が1910年(明治43年)に発表した作品で、現在も増刷され出版されている作品です。
今年は作者の柳田国男の没後50年にあたることから、新潮社記念文学館では出版前夜から誕生までを複製原稿と簡易パネルにて展示しています。
b0178806_13471934.jpg


また、新潮社記念文学館は新潮社を創設した佐藤義亮(さとうぎりょう1878~1951)の顕彰を目的に設けられ平成12年4月にオープンしました。その佐藤義亮は、仙北市角館町の岩瀬町出身です。
ここでは、企画展の他にも佐藤義亮の紹介だけでなく仙北市西木町出身の西木正明の紹介や新潮社にゆかりのある数々の作家の紹介パネルも常設されています。
b0178806_13484713.jpg


常設展だけではなく、企画展も常時開催されていますので是非来館してみてください。
企画展の開催スケジュールはこちらを参考にしてください(仙北市HP)。


@せんぼくでした。
[PR]

by daisen100 | 2012-08-13 13:52 | イベント・行事

<< 大曲の花火~物産展~ キャンプ場情報 >>