鳥子舞・大曲の綱引き   

b0178806_1464590.jpg


五穀豊穣・商売繁盛を祈り、神官が6種類の舞を奉納する鳥子舞。
舞の後に鳥の烏帽子を被った神官がその年の恵方に向かって投じる御神木の壮絶な争奪戦が繰り広げられます。
昨年は境内の外にまで飛び出して御神木を奪い合う激しい姿が見られました。

同日午後6時からは大曲の綱引きの「綱の巡行」が始まります。
諏訪神社からJR大曲駅に着くと綱は折り返し、大曲税務署で再び折り返し、勝負の会場となる上大町の十字路まで巡行されます。

巡行の途中には数十回にわたり綱につけた財振り棒(ざいふりぼう)を巡って、
若い衆の攻防が繰り広げられます。
この財振り棒を回すと商売繁盛の御利益があるということで、本厄の男衆が棒を回させまいと守り、その他の男衆が棒を回そう(倒そう)と激しくもみ合います。

その後綱は会場に到着すると上丁と下丁に分かれて午後9時半頃から引き合いが始まります。
ちなみに上丁が勝つと米が高くなり、下町が勝つと豆が高くなると言われています。

大仙市のもう一つの綱引き行事にでかけてみませんか。


日時:2月15日(金)
鳥子舞:午後2時~ 諏訪神社
綱引き:午後9時30分頃~引き合い開始 大曲上大町交差点
問い合わせ:商工観光課 ℡0187-63-1111



マコリックスでした。
[PR]

by daisen100 | 2013-02-13 14:08 | イベント・行事

<< 払田柵の冬まつり 川を渡るぼんでん >>