<   2009年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧   

花火の余韻   

大曲の花火当日、仙北地域振興局駐車場は、事前予約のあった大型バスの駐車場となっておりました。

その振興局玄関には、秋田内陸線の企画で実施したチェーンソーアートが設置されていたのですが…。
b0178806_15345889.jpg


なんと、花火の翌日にはお供え(寄付?)があがっておりました。
b0178806_153561.jpg

b0178806_15351755.jpg


おそらく花火を見に来た観光客の方による善意だと思うのですが、まさかこんなことがあろうとは思いもせず、職員一同驚くとともに、暖かい気持ちにさせていただきました。ありがとうございます。

また、今年の「大曲の花火」についてですが、審査結果が大仙市ホームページに掲載されておりますので、自分が良かったと思う花火とぜひ見比べてみてください。

スタッフNでした。
[PR]

by daisen100 | 2009-08-31 15:47 | その他

桜散る散る心が舞踊る・・   

さて、このところ各地のイベントの花。といえば「ヤートセ」ではないでしょうか?華やかな衣装に身を包み華麗に舞い踊る姿は、やっぱり盛り上がりますもんね~。カッコ良いですよね~。
b0178806_14383885.jpg


実は、そのカッコ良いヤートセチームが中仙地区にもございます。昨年のドンパン祭りでお披露目を果たし、今年は2回目の出演でした。事の始まりは、ヤートセ秋田祭が立ち上がりの頃、我がドンパンレディースも参加し輝かしい成績を収めたとか・・。それから、10年が過ぎ「本格的に踊ってみたい!」という熱が高まり、地道に練習を重ね、満を持して「桜秀心舞」が結成されたのです。

                  ~桜秀心舞(おうしゅうこころまい)~

      桜のように綺麗に、桜吹雪のごとく激しく、心の底から楽しく舞い踊る
b0178806_14385894.jpg
                       
                  
名前に負けず美しいメンバーばかりです。今年のドンパン祭りでも大いに盛り上げてくれました。「DONGPANG」と「よっちょれ」の2曲だけでしたが、皆さん、最高に輝いてました。ドンパン踊り普及部会と2足のわらじを履いているおねえさん方がほとんどですが、それぞれに、雰囲気をわけて踊れるとは、役者揃いだな~と改めて感心させられました。皆さん、来年もまたお願いします~!
b0178806_14391937.jpg


「桜秀心舞」事務局では、メンバーを随時募集しております。他地区からのメンバーも多数いますので気軽においでください。練習は第2、4木曜日。場所は中仙地区長野公民館。時間は19:30~。

詳しいお問い合わせは、大仙市中仙観光協会内「桜秀心舞事務局」まで。
                                                                  

b0178806_14393468.jpg



                                             (マキア)
[PR]

by daisen100 | 2009-08-28 14:42 | イベント・行事

池田氏庭園洋館修復工事見学会   

国指定名勝 池田氏庭園内にある洋館の修復工事現場見学会が8月24日に行われました。

洋館は大正11年に建てられた秋田県初の鉄筋コンクリート造りの2階建ての建物です。当時は図書館として地域の住民にも開放していたそうです。

修復工事は平成18年に着手し外壁や屋根の修復がほぼ完了し、建物を覆っている足場やシートは今秋にも撤去する予定です。

b0178806_14253156.jpg

調査により創建当時は塔屋屋根にはドーム状の屋根があったことがわかり今回の修復工事で復原されました。大正時代にこんなお洒落な屋根が作られていたなんてすごいですね。

b0178806_14255359.jpg

洋館2階の足場から撮影しました。当時はこんな感じで庭を眺めていたのでしょうか。(写真中央に高さ4mの雪見灯籠の足が見えます)

b0178806_1426833.jpg

洋館1階の食堂兼音楽室の天井の様子です。天井や壁は漆喰仕上げになっています。当時の質感を再現するために左官作業は漆喰づくりからはじめたそうです。現場での漆喰づくりは今日ではほとんど行われていませんが、当時のやり方にならって作ったそうです。来年は天井に修復されたシャンデリアが設置されるようです。

b0178806_1440249.jpg

洋館の壁紙には金唐革紙(きんからかわかみ)という大変高価な壁紙が使われていました。どれくらい高価かと言うと当時のお金で紙幣を直接壁に貼るよりもお金がかかっていたそうで国会議事堂にも使われているそうです。その金唐革紙が昨年度から制作されていて今年度中に完成し、来年度いよいよ壁に貼られるそうです。
b0178806_14264047.jpg


今年の秋は紅葉と白い洋館が同時に見られるようなので今から楽しみです。

マコリックスでした。
[PR]

by daisen100 | 2009-08-27 08:50 | イベント・行事

花火当日3   

当日の市内街歩きについてお届けするシリーズも本日が最後です。

第一回目の参加者が1名と以前の記事に掲載しましたが、今回はその続きとなります。


第二回目の参加者
b0178806_15592617.jpg



第三回目の参加者
b0178806_15593881.jpg


時間を追うごとに、参加してくださる観光客が増えてきたのが分かりますでしょうか?
二回目に4人、三回目に10人と、花火の時刻が迫るにつれ、一緒に街歩きしてくださる方が加速度的に増えてきました。
また、何度も往復するうちに商店の方から覚えてもらい、暖かい言葉をかけて頂いたのも大変励みになました。ありがとうございます。
今年初めて実施した花火当日の街歩き案内ですが、様々な発見があったように思います。

来年はいよいよ花火100周年。
どのような催しが開催されるかいまから楽しみですね。
b0178806_15595184.jpg



スタッフNでした。
[PR]

by daisen100 | 2009-08-26 16:14 | イベント・行事

花火当日2   

昨日に引き続き、花火当日についてです。
今回、振興局で実施した「花火セミナー会場までの街歩き観光案内」ですが、主な解説箇所は次の通りです。

・大曲駅
・ババヘラアイス(秋田ならではのアイス)
b0178806_116242.jpg

・花火通り商店街
・藤井薬局(祖先が龍角散を発明)
b0178806_1165558.jpg

・マンホールアート(大曲の花火)
・丸子川橋たもと、土屋館の石碑
・ブルーノ・タウトが絶賛した橋からの光景
b0178806_1174213.jpg

・安養寺(龍角散を発明した初代より藤井家代々の菩提寺)
安養寺では「青い目の人形」も拝見させていただきました。

b0178806_1175746.jpg

・本誓寺
・大曲花火セミナー会場

駅から会場まで、約40分の解説でしたが、皆さん真剣に聴いてくださいました。
これで花火だけではなく、大仙市そのものに少しでも興味が湧いてもらえれば、実施した甲斐があるというものです。

特に藤井薬局さんでは、ご案内した皆様に龍角散を模したおみくじ付きストラップを配っていただくなど、非常に良くしていただきました。ありがとうこざいます。(続く)


スタッフNでした。
[PR]

by daisen100 | 2009-08-24 16:36 | その他

花火当日1   

昨年とは打って変わり、今年の「大曲の花火」は本当に天候に恵まれた一日でした。
何回かに分けて、当日の模様を記事にしたいと思います。

b0178806_933170.jpg
      (街歩き観光案内についてお知らせする振興局職員
                  後ろの青テントには秋田美人の大仙市役所職員が)

今年の花火当日は、大曲花火倶楽部が主催する花火セミナーが計5回開催されるため、「大曲駅からセミナー会場(大曲技術専門高校)まで、街中を観光案内しながらお連れしよう」という試みです。

記念すべき第一陣(9時50分発)は、お客様一人!
その他の方は、興味はあるけれど一秒でも場所取りに行こうとする方が多かったように感じました。

b0178806_9473582.jpg
     (セミナー会場到着 出店のお客は時間を追うごと増えていました)

マンツーマンで観光案内させていただいたこの方は、埼玉から夜間の高速1000円を利用して来られたそうで「1000円に切り替わる瞬間を待つドライバーでサービスエリアがすごかった」とのこと。

また、いままではBSで大曲の花火を見ていたけれども、ついに今年は直接見るために夜間運転して来られたそうです。こうした話を聞くと、初めて現地で見る花火が近年まれに見る花火日和で良かった、と心から感じさせられます。

b0178806_9525240.jpg
      (大曲太鼓道場の公演 皆さん足を止めて聴き入っていました)

最初のお客様を案内して戻ると、駅前では雄壮な響きが。
大曲太鼓道場の方達が一心不乱に太鼓を叩いており、その一糸乱れぬ鉢さばきに盛大な拍手が送られていました。(続く)



スタッフNでした。
[PR]

by daisen100 | 2009-08-24 09:59 | イベント・行事

小沼神社例大祭にて   

昨日、大仙市豊岡小沼地区にて「小沼神社例大祭」が厳かに執り行われました。豊川地区の水神社の国宝に劣らないほどの県重要文化財のご開帳がありました。平安時代の作と言われている等身大の観音菩薩が2体、鎌倉時代の肖像彫刻木造僧形頭部の他、獅子頭、彩色厨子などが小さいお社の中に大切に保存されています。

b0178806_15563979.jpg



、この小沼神社は歴史も古く1200年ほど前に草創されたと伝えられています。お社の前には沼がありこの沼のフナを食べれば子宝が授かる。という伝説も残っています。


b0178806_15572178.jpg



老杉に包まれた山頂には、俗世間の匂いなど1つもせず、ただ神楽の音色だけが響き渡っていました。圧巻なのは、神主様達による「水神の舞」と「山神の舞」の奉納です。勉強不足な私は、神主様といえば「祈祷」というイメージしかなかったもので、まさか!太鼓や笛、舞などこなされるとは・・・。

b0178806_15574734.jpg


ご開帳は年2回(旧暦4月8日・8月20日)しかありませんが、小沼神社には冬以外はいつでも訪れることができます。時間に余裕をもって1度来られませんか?山道は確かにきっつ~いですが、そこには心地よい風と歴史ロマンが待っています。
                 (マキア)
[PR]

by daisen100 | 2009-08-21 15:59 | 観光情報

大曲の花火!! いよいよ明日開催!!   

 第83回 全国花火競技大会がいよいよ明日、開催されます。
本日の大曲の天気は雨ですが、明日の予報は くもり→晴れ となっており、絶好の花火日和となるのではないでしょうか058.gif
本日の会場の様子です。
b0178806_11302074.jpg

花火会場へは関係者以外入場できませんでした。
b0178806_11343519.jpg
b0178806_1134433.jpg

会場へは入場できませんでしたが、昨日(20日午後3時)から規制が解除された姫神橋下流付近の会場は、キャンピングカーやテントがいっぱい並んでいました。
b0178806_11424773.jpg

b0178806_11435483.jpg

明日の会場への一般入場については、午前9時30分から、姫神橋下流方面から順に開場される予定となっております。
b0178806_1146537.jpg

上記入場待機場所へは本日の午後3時より入場できます。
待機される方は、マナーを守っていただくようお願いします。
b0178806_11485482.jpg


今年の大曲の花火は、ETC1,000円効果や、smaSTATION!!でも紹介されたこともあり、例年以上に混雑することが予想されております。
花火会場へ来る際は、安全運転に気を付けてお願いいたします。

大曲の花火の詳しい情報についてはこちらをどうぞ!!

ゆーじんでした001.gif
[PR]

by daisen100 | 2009-08-21 12:02 | イベント・行事

てるてる坊主♪   

初投稿のひろむです。

いよいよ22日は大曲の花火の日。
みなさ~ん準備はできましたかっ!

既に町中には花火会場につながる道しるべの「バナナ」や「メロン」の小旗が設置され、臨戦態勢が整いつつあります。花火通り商店街にも何かしら緊張感が漂います。
とりわけ今年は高速ETC1000円の影響が計り知れないということと、もうひとつ、大きな頭痛の種が。

長期予報は「雨」

神様どうぞ当日は、雨だけは降らせないで、できれば微風で、大会提供花火も最初から最後まで、上から下まで煙に隠れないで見られますようにっ(強欲)との思いはみなさん一緒かと存じます。

そこで、JR大曲駅大階段に晴れの花火を祈願する「てるてる坊主」のツリーが掲げられました。
b0178806_1524919.jpg
祈りを込めててるてる坊主を造った地元の人々の熱い思いが空の神様と花火を愛するみなさんの胸に届くといいですね。


また、こちらのカラフルなてるてる坊主。私も花火出撃時にいつもお世話になっている補給基地、タカヤナギグランマート中通店の入り口からお空を眺めています。
b0178806_15243551.jpg

雨降っても花火の時だけ止んでくれ~。翌日ご飯抜きでもいいから。

さ、みんなも祈って祈って!!
[PR]

by daisen100 | 2009-08-19 15:29 | イベント・行事

国指定名勝 池田氏庭園の特別公開   

 6月と11月に公開を行っている国指定名勝「池田氏庭園」を大曲の花火の翌日にも特別公開します。
大曲の花火とあわせて池田氏庭園もご観賞ください。

b0178806_9362860.jpg


詳しくはこちらをどうぞ!!

【日時】 平成21年8月23日(日)
      午前9時~午後4時(最終入園時刻)

【会場】 池田氏庭園(正面前受付)

【整備協力金】 200円(中学生以下無料)

【問い合わせ】
  ・平日 : 文化財保護課 0187-63-8972
  ・土・日 : 仙北総合支所 0187-63-3003 

ゆーじんでした001.gif
[PR]

by daisen100 | 2009-08-18 09:46 | 観光情報