<   2010年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧   

旧池田氏庭園 洋館公開1   


本日は長らく改修中であった旧池田氏庭園・洋館の特別公開が行われ、事前申し込み頂いた一般客約40名と池田家顕彰会の方々が、復元された館内を見学しました。

b0178806_1535145.jpg
(洋館の外観図)

秋田県内初の鉄筋コンクリート造りとして大正11年に建築された洋館。
資材に白磁タイル、御影石、白色大理石、そして「同じ面積を張るなら、お札のほうが安い」と言われた金唐革紙が使われるなど、一級の建築材と最新技術が惜しみなく使われた素晴らしい洋館として知られています。

b0178806_15353523.jpg
(ビリヤード台の置かれた玉突き室)

私設の公開図書館として地域の青少年に開放されたほか、迎賓館としても利用されたそうで、大正時代にこの洋館へと足を踏み入れた人々は、おそらく遠い外国か未来へ来たと錯覚したのではないでしょうか?
天井のほか各部屋の鴨居にあたる部分が現代のものと比べて遜色ないくらい高く、いかに純洋風の建物としてレベルが高いものだったかが分かります。
(余談ですが、ドラマ「華麗なる一族」撮影時はロケ地として豪奢な洋館を探しており、これが完成していれば撮影隊が来ていたかもしれませんね)

b0178806_15354483.jpg
       (イオニア式門柱:白色大理石製  この画像はクリックで拡大できます)

修復は平成18年からスタートし5年がかりで完成。
当時の姿を再現するべく、外壁の白磁タイルにはわざと焼きムラを再現し、屋上庭園の防水に使用したアスファルトも、当時と同じ旧昭和町・黒川油田のものを使用するなど、想像を超えた再現率になっています。


(2に続きます)


スタッフNでした。
[PR]

by daisen100 | 2010-10-29 16:06 | 観光情報

食菜館ひだまり   

b0178806_1622119.jpg
      (山は雪化粧)

ここ数日の寒波はすごいもので、初秋からいきなり初冬に変わったかのような気がいたします。
すでに雪が降った場所もありますが、紅葉の最盛期はこれからの場所が多いので、積雪で葉が雪焼けしないよう祈る日々が続いています。

b0178806_16162781.jpg
      (ひだまり 駐車場には車が頻繁に出入りしていました)

さて、本日は国道105号線沿いのお店「食菜館ひだまり」へお邪魔してきました。
こちらでは、野菜の直売所と食堂が併設されており、買い物客とランチ目当てのお客様で賑わっていました。


b0178806_16205269.jpg
      左上:古代米入りもある手作りパン      右上:野菜の直売所
      左下:食堂・日替わりランチは500円    右下:午後からはお総菜も販売

お弁当、お総菜、オードブルも注文できるそうで、最近はモーニングランチも始めたそうです。
予算に合わせて作ってくださるそうなので、ぜひご利用下さい。

b0178806_16221744.jpg
            (おまけ 払田柵跡)
こちらは移動の途中で通りかかった払田柵跡です。
山の雪化粧と相まって、冬の到来を感じずにはいられない光景でした。


◎食菜館ひだまり
  営業時間 8:00 ~ 19:00
  電話番号 0187-63-0007
  定休日  第1・3日曜日

スタッフNでした。
[PR]

by daisen100 | 2010-10-27 16:42 | 観光情報

明日から鈴木空如作品展「空如の画業を探る!」開催   

b0178806_141051.jpg

鈴木空如は大仙市太田町に生まれ、明治から昭和初期にかけて活躍した仏画家です。
法隆寺金堂壁画十二面の模写絵が特に有名で、現在オリジナルの法隆寺金堂壁画は焼失したため、空如の模写したものを更に模写しており、空如の描いたものが最も原本に近いことで知られています。

今回の展覧会では国宝「五部心観」の模写絵や、現在は米国に渡った「薬師十二神将図」の模写絵など、貴重な絵画を観ることができます。明日10月27日より大仙市大曲中央公民館にて開催されますので、ぜひ足をお運びになってください。

◆鈴木空如作品展「空如の画業を探る!」

 日 時 平成22年10月27日(水)~11月3日(水)
      ※11月1日(月)休館

 場 所 大仙市大曲中央公民館

 観覧料 無料

 主 催 大仙市・大仙市教育委員会

 関連ホームページ 大仙市文化財保護課


 スタッフNでした
[PR]

by daisen100 | 2010-10-26 14:31 | イベント・行事

菓子工房オダシマ   

b0178806_13211168.jpg
本日は久々に甘いもののご紹介です。
昼休みに少し足を伸ばして、菓子工房オダシマさんへお邪魔してきました。
口コミサイトなどでは高評価な洋菓子屋さんです。

b0178806_13211845.jpg
      (店内はハロウィンの飾り付け)

b0178806_13212623.jpg
      (店内から菓子制作風景が見える面白い作りとなっています)

店の棚には賞状やトロフィーが飾られており、ただでさえ美味しそうなケーキがさらに輝いて見えます。
3枚目の画像右に写っていますが、こちらではバースディケーキに様々なキャラクターを描いてくれるサービスがあります。そのバリエーションが実に豊富! 小さいお子さんならきっと大喜びだろうと思います。

ちなみにこの日は、お茶菓子としてハロウィンにちなんだ焼菓子を購入させていただきました。


b0178806_13213763.jpg

また、いよいよ今週末は秋の稔りフェアです。
こちらは市内小学生4・5年対象の「鮭のつかみどり」会場となる丸子橋付近の写真。
鮭ともなると大きい上にかなり暴れそうですので、捕まえにくそうですが楽しそうですね。
小学生と言わず、一般でも参加したい方がいそうな気がします。

秋の稔りフェアはイベント盛りだくさんなので、皆様ぜひお立ち寄りください。


スタッフNでした。
[PR]

by daisen100 | 2010-10-22 13:38 | グルメ・店舗情報

秋田清酒さんにお邪魔してきました   

b0178806_951556.jpg


先日、企業訪問で秋田清酒さんへお邪魔した際に、このイベントについて教えていただきました。(本日開催です。首都圏在住の方はお誘い合わせのうえ、ぜひどうぞ)

詳細は秋田清酒さんのブログに記載されていますので、ぜひご覧ください。

秋田清酒さんのブログには、お酒の紹介だけではなく日本酒を使った料理のレシピが数多く書かれていて、思わずこれは美味しそう!と空腹を覚える内容が多いです。

ちなみに、首都圏の物産展や観光のモニターツアーでアンケートをとると、やはり秋田県は「秋田美人・米・日本酒」と回答する方が数多くおられます。これは、おそらく皆様が北海道で「大自然」、博多で「博多美人・豚骨ラーメン」をイメージするのと同様に、世間一般の秋田のイメージとして定着している部分ですね。秋田は他に魅力的なところはたくさんありますとPRすると同時に、こうした秋田の事前イメージも予想以上に良かったと思わせたいものです。

◎秋田清酒株式会社ホームページ

※秋田清酒さんでは工場見学も受入しています(要事前予約)


スタッフNでした。
[PR]

by daisen100 | 2010-10-21 09:29 | イベント・行事

麺屋 十郎兵衛   

本日は久しぶりのグルメ情報ということで、仙北地域振興局から徒歩1分の場所にあるけれどなかなか行けなかった、麺屋 十郎兵衛(じゅろへえ)へお邪魔してまいりました。

なぜ行けなかったかと言いますと、通りがかるたびに店内を覗くのですが、いつもほぼ満席!
本当にすごい人気ぶりです。(ちなみに本日は二時過ぎにお邪魔しましたが、それでもお客さんで8割埋まっていました)

人気の一つは、こちら十郎兵衛の店主・佐藤さんがラーメンブロガーとして10年活動しており、現在更新しているブログ「麺屋 十郎兵衛じゅろへえ日記」からも本当にラーメンが好きだという気持ちが伝わってくるからではないでしょうか。

b0178806_1563310.jpg
 (ラーメン 700円)

こってり系のラーメンと、あっさり魚介を利かせた中華そばのどちらにしようか迷いましたが、初めてということもありスタンダードにラーメンをいただきました。

スープは本当に濃厚なのですが、ストレートの麺と一緒に食べると本当に美味しい!
混雑が収まるだろうと2時まで待った甲斐があったというか、なぜ50円増しにして大盛りにしなかったのかと後悔いたしました。

券売機の上には「午後四時から 海老香る油そば販売」と書いてありましたので、夜に来店する方は限定メニューを狙うのもいいかもしれませんね。


ちなみに店名の由来をお伺いしたところ、店主・佐藤さん宅の屋号からとったとのこと。
とても気さくな方で、本当はいろいろと質問したかったのですが、お忙しそうなのでつい遠慮してしまいました。
明日のお昼はどこにしようとお悩みの方、ぜひいかがですか?


◎麺屋 十郎兵衛
 住所 大仙市大曲上栄町14-14 A-1
 電話 0187-63-5933
 HP  http://jurohei.blog106.fc2.com/

 スタッフNでした


[PR]

by daisen100 | 2010-10-18 15:24 | グルメ・店舗情報

大仙市で枝豆収穫体験!   



YouTube・あきたファン仙北に、新たに動画が追加されました。
今回は大仙市・枝豆収穫体験のほか、角館 鮎づくし体験・キリタンポ作り体験・ガラス工芸体験・イタヤ細工体験となっています。

枝豆は日本だけではなく、海外でもビールのつまみ等で人気が出始めているのをご存知ですか?
秋田県は枝豆日本一を目指していますので、こうした動画で本場・秋田の枝豆を収穫して食べてみようという人が訪れるとことを願っています。

もちろん、この動画もリンクフリーですので、皆様ブログやホームページに活用していただけたらと思います。


スタッフNでした。
[PR]

by daisen100 | 2010-10-15 16:42 | 観光情報

いよいよ今週末はジャンボうさぎフェスティバル!   

 いよいよ今週末は第23回全国ジャンボうさぎフェスティバルの開催です。

 以前ご紹介した記事

 17日(日)のイベントでは、うさぎプレゼントクイズ、デカラビと餅つき、体重当てコンテスト、ジャンボうさぎパズル、杜仲めん早食い競争等イベント盛り沢山! また、地元産和牛・杜仲豚・杜仲めんの試食、清酒の試飲・販売が行われます。

 
◆17日のイベント一覧◆

 8:30~10:00      ファミリー健康ウォーキング

 9:00~11:00      ジャンボうさぎ体重当てコンテスト

10:00及び13:30     イラスト入り風船プレゼント

10:00~12:00      デカラビと餅つき(2回)

10:30~11:00      ジャンボうさぎパズル競争

12:00~12:30      杜仲麺早食い競争

13:00~14:30      フライングディスクビンゴゲーム

13:30~14:00      うさぎプレゼントゲーム


※それぞれ、30分くらい前に受付

※当日会場には、たくさんの屋台が並びます

※雨天決行!! 雨の場合は場所を移動して行います

詳細は中仙観光協会ホームページにてアナウンスされていますので、ご覧ください。

スタッフNでした
[PR]

by daisen100 | 2010-10-14 12:01 | イベント・行事

秋の稔りフェア&納豆まつり   

b0178806_13283875.jpg


10月23日(土)・24日(日)は大仙市内各地で「秋の稔りフェア」が開催されます。

大仙市内の農産物や地場産品が一堂に会し行われる一大イベントで、市役所駐車場や大曲体育館では、市内の直売所を一堂に会した直売フェスタや地場産うまいもの食堂、菊花展、木工展、植木市などが開催され、市民会館や中央公民館、大曲交流センターでは、華道、茶道、芸能発表会などが行われます。

イベント数が多すぎて書ききれないため、詳細はリンク先のリーフレット(PDFファイル)をご覧ください。

○大仙市 秋の稔りフェア リーフレット(PDFファイル)
 ※データ量が大きいため、開くのに時間がかかる場合があります。


また、協賛事業として「納豆まつり 大仙2010」も開催されます。
大仙のご当地グルメとして知られる「大曲の納豆汁」をはじめ、さまざまな納豆に関わる逸品が登場しますので、こちらもぜひお楽しみください。

○納豆まつり 大仙2010 チラシ

スタッフNでした。


[PR]

by daisen100 | 2010-10-13 13:31 | イベント・行事

道の駅ネットワーク研修(阿仁)   

昨日は体育の日ということで、3連休を利用した旅行に出かけられた方も多いのではないでしょうか。

さて、話題は先週のことになりますが、仙北地域では観光案内所等ネットワーク会議現地研修として、阿仁方面へ研修に行ってまいりました。

(観光案内所等ネットワーク会議、観光客より問い合わせがあった際、インターネットや観光パンフレットを利用しての説明では不足しがちな部分を、自分の体験を基に説明できるよう、仙北地域を中心に現地研修と情報交換会を行っているものです)

b0178806_1375791.jpg
      (阿仁・森吉山のゴンドラ内から)
 
b0178806_138634.jpg
      (ゴンドラを降りたところ)

b0178806_1381455.jpg
      (現在、紅葉の特別列車運行中の内陸線)

ゴンドラについても、秋田県内でも紅葉で有名なスポットという認識はあっても、実際に乗ったことがあるという人はあまりおらず、まさに百聞は一見にしかずという状況。

この研修で訪れたときは、ちょうど紅葉が始まりつつあるという時期で、問い合わせが増加する前に研修できて良かったという声が参加者より数多くありました。

今日現在では県北や高原を中心に紅葉が進んでいますので、この研修の成果が発揮されていることと思います。

秋田県観光サイト あきたファンドッとコム・紅葉特集

スタッフNでした。
[PR]

by daisen100 | 2010-10-12 13:22 | 観光情報